但馬(読み)たじま

精選版 日本国語大辞典 「但馬」の意味・読み・例文・類語

たじま たぢま【但馬】

山陰道八か国の一つ。大化改新で一国となる。鎌倉南北朝時代多く守護が任ぜられ、山名氏豊臣秀吉にほろぼされてのち、江戸時代には杉原・小出・出石(いずし)などの小藩分立。明治四年(一八七一)の廃藩置県豊岡・出石・村岡の三県に分かれたが、まもなく豊岡県に統合され、同九年に兵庫県に編入された。但州
古事記(712)中「多遅麻(タヂマ)の国に到り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「但馬」の意味・読み・例文・類語

たじま〔たぢま〕【但馬】

旧国名の一。山陰道に属し、今の兵庫県北部にあたる。但州たんしゅう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション 「但馬」の解説

たじま【但馬】

兵庫の日本酒。酒名は、兵庫県北部の旧地名で、但馬杜氏発祥の地「但馬」に由来。「天」は精米歩合48%で仕込む大吟醸酒ほか純米吟醸酒純米酒などがある。平成7、25、26年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦など。仕込み水は粟鹿山の伏流水。蔵元の「此の友酒造」は元禄3年(1690)創業。所在地は朝来市山東町矢名瀬町。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus 「但馬」の解説

但馬 たじま

藻璧門院但馬(そうへきもんいんの-たじま)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android