余所事(読み)ヨソゴト

デジタル大辞泉 「余所事」の意味・読み・例文・類語

よそ‐ごと【余所事】

自分とは関係のないこと。他人ごと。「余所事とは思えない話」
[類語]人事他人事他事つかぬこと無関係局外無縁疎遠没交渉風馬牛別問題縁遠い薄い対岸の火事事物事象物事現象出来事余事雑事諸事事件時事事柄事故異変大変急変変事大事だいじ大事おおごと小事細事些事世事俗事私事しじ私事わたくしごと用事珍事不祥事アクシデントハプニングセンセーション

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「余所事」の意味・読み・例文・類語

よそ‐ごと【余所事】

  1. 〘 名詞 〙 直接自分に関係のない事柄。他人ごと。
    1. [初出の実例]「あらなにともなや今までは余所事とこそ思ひ候ひつるに、あら便なや候」(出典:謡曲・海人(1430頃))

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android