俗世(読み)ゾクセイ

デジタル大辞泉 「俗世」の意味・読み・例文・類語

ぞく‐せい【俗世】

世の中。俗世間。ぞくせ。
[類語]社会世間世の中民間巷間こうかん市井しせい江湖こうこ天下世俗世界世上人中浮き世

ぞく‐せ【俗世】

ぞくせい(俗世)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「俗世」の意味・読み・例文・類語

ぞく‐せ【俗世】

  1. 〘 名詞 〙 ( 「せ」は「世」の呉音 ) =ぞくせい(俗世)
    1. [初出の実例]「霊界の他力の舟は、覆る事なからんも、見よ俗世の他力は、百面相、疑惑、仇に綯ひたる縄の如し」(出典:帰省(1890)〈宮崎湖処子〉六)

ぞく‐せい【俗世】

  1. 〘 名詞 〙 ( 「せい」は「世」の漢音 ) 世の中。世間。俗世間。この世。ぞくせ。〔拾遺記‐周霊王〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「俗世」の読み・字形・画数・意味

【俗世】ぞくせい

俗世間。

字通「俗」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android