優位(読み)ゆうい

精選版 日本国語大辞典 「優位」の意味・読み・例文・類語

ゆう‐い イウヰ【優位】

〘名〙 (形動)
立場地位などがまさっていること。すぐれた地位。また、そのさま。
※綿(1931)〈須井一〉一「並び居る小作人仲間に限りなき優位を感じてゐたに違ひなかったのだ」
② (Primat の訳語) 体系的に優越する地位。また、その地位を占めること。たとえば、カント哲学で、実践理性理論理性より優越していること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「優位」の意味・読み・例文・類語

ゆう‐い〔イウヰ〕【優位】

[名・形動]位置・地位などが他よりまさること。また、そのさまや、そのもの。「優位に立つ」「味方優位戦局」⇔劣位
[類語]上手うわて上手かみて上部上方高み上位優越高位上席有利

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android