先進(読み)センシン

デジタル大辞泉 「先進」の意味・読み・例文・類語

せん‐しん【先進】

発展段階進歩程度が他より進んでいること。「先進技術
年齢地位などが上であること。また、その人。先輩。⇔後進

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「先進」の意味・読み・例文・類語

せん‐しん【先進】

  1. 〘 名詞 〙
  2. ある一つの分野で、年齢、地位、技量などが先に進んでいること。また、その人。先輩。⇔後進
    1. [初出の実例]「理合先進、還是後夫」(出典懐風藻(751)在常陸贈倭判官留在京・序〈藤原宇合〉)
    2. 「先進(センシン)大家がものしたりし論文のみを摸範とせば」(出典:小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉上)
    3. [その他の文献]〔論語‐先進〕
  3. 発展の段階や進歩の度合が他より進むこと。また、進んでいること。⇔後進
    1. [初出の実例]「苟くも文明の先進を以て任ずるものは」(出典:社会百面相(1902)〈内田魯庵〉ハイカラ紳士)
  4. ( 「論語‐先進」の「先進於礼楽野人也、後進於礼楽君子也」から ) いやしい男。野人。
    1. [初出の実例]「臣是先進輩、濫陪後車賓」(出典:懐風藻(751)従駕〈大神高市麻呂〉)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「先進」の読み・字形・画数・意味

【先進】せんしん

先輩。先行先任の人。上位の人。〔論語、先進〕先の禮樂に於けるや、野人なり。後の禮樂に於けるや、君子なり。如(も)し之れを用ふれば、則ち吾(われ)は先に從はん。

字通「先」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android