光輝(読み)コウキ

デジタル大辞泉 「光輝」の意味・読み・例文・類語

こう‐き〔クワウ‐〕【光輝】

ひかりかがやくこと。かがやき。「光輝を放つ」
名誉。ほまれ。「光輝ある伝統」
[類語](1輝き光彩光明明かり灯火ともし火きらめき光線光耀こうよう光芒こうぼう閃光せんこうライト明るみ薄明かり月明かり星明かり雪明かり川明かり花明かり街明かり窓明かりほの明るい薄明るい余光薄明かわたれ時たそがれたそがれ時残照夕明かりおぼろ微光ほのめく薄ら日ほのぼのトワイライト/(2名誉栄冠栄光栄誉光栄誉れ栄名声誉盛名令名英名勇名雷名威名佳名驍名ぎょうめい高名嬌名きょうめい好評有名著名名うて誇り面目めんぼく名利余栄家名いさお勲功巨歩偉功殊勲誉望雷名功名功成り名遂げる死に花死に花を咲かせる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「光輝」の意味・読み・例文・類語

こう‐きクヮウ‥【光輝】

  1. 〘 名詞 〙
  2. ( ━する ) ひかりかがやくこと。また、光。かがやき。〔文明本節用集(室町中)〕
    1. [初出の実例]「金玉の指環光輝(クヮウキ)を放ち」(出典花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉附録一二)
  3. 名誉。ほまれ。
    1. [初出の実例]「誠是朝之管轄、抑亦国之光暉(ク)也」(出典:詩序集(1133頃)月下客衣冷詩序〈藤原永範〉)
    2. 「楠正成が忠臣の光輝を万載に放つ所以は」(出典:政党評判記(1890)〈利光鶴松〉一)
    3. [その他の文献]〔春秋左伝注‐襄公二〇年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「光輝」の読み・字形・画数・意味

【光輝】こう(くわう)き

かがやき。〔孟子、尽心下〕充實するを之れ美と謂ひ、充實して光輝るを之れ大と謂ひ、大にして之れをするを之れと謂ふ。

字通「光」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android