入港(読み)にゅうこう

精選版 日本国語大辞典 「入港」の意味・読み・例文・類語

にゅう‐こう ニフカウ【入港】

〘名〙 船舶が港にはいること。
※幕末御触書集成‐三・安政二年(1855)九月八日「日本え入港之商船右書入之証拠書を、日本の重役より差越、所之役人え見せ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「入港」の意味・読み・例文・類語

にゅう‐こう〔ニフカウ〕【入港】

[名](スル)船が港にはいること。「外国船入港する」⇔出港

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典(旧版)内の入港の言及

【航海】より


[出港]
 出港準備が完了すれば出港となるが,必要であれば水先人により嚮導(きようどう)してもらい,また引船を利用することとなる。これから入港までが航海状態となり,停泊状態と区別される。
[見張り,監視]
 航海状態の最初の過程が見張り,監視というわけではないが,もっとも典型的な過程群を考えれば,この見張り,監視をもってきてよい。…

※「入港」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android