入穿(読み)いりほが

精選版 日本国語大辞典 「入穿」の意味・読み・例文・類語

いり‐ほが【入穿】

  1. 〘 名詞 〙 ( 形動 )
  2. 和歌連句などを作るとき、その表現技巧に凝りすぎて、なにをいおうとしているのかわかりにくくなること。趣向がすぎていやみになること。
    1. [初出の実例]「あまりに又ふかく心をいれんとてねぢすぐせば、いりほがの入くり歌とて」(出典:毎月抄(1219))
  3. うがちすぎてかえって真実から遠ざかってしまうこと。また、そのさま。いれほが。
    1. [初出の実例]「ささめいた、なりぞ。此注は、いりほかなぞ」(出典:四河入海(17C前)一一)
    2. 「心私(ひそか)に其の臆測の鑿(イリホガ)なりしを媿(は)ぢざるにもあらざれど」(出典:続々金色夜叉(1899‐1902)〈尾崎紅葉〉二)

いりほが‐&GIE599;し【入穿】

  1. 〘 形容詞シク活用 〙 ( 「いりほが」の形容詞化 ) 穿鑿(せんさく)がましい。深入りしすぎている。
    1. [初出の実例]「比丘には酒を免(ゆる)すとありしかば、旦那の元に行き、あまりあまり入りほがし」(出典:波形本狂言・酒講式(室町末‐近世初))

いれ‐ばき【入穿】

  1. 〘 名詞 〙 ( 裾を入れてはく意から ) ふだん着の長着物のままではけるもんぺ。だんぶくろ。ふんごみ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android