全盛(読み)ぜんせい

精選版 日本国語大辞典 「全盛」の意味・読み・例文・類語

ぜん‐せい【全盛】

〘名〙
① この上なく盛んなこと。栄華をきわめること。
※建武式目(1336)前文「先逐武家全盛之跡、尤可善政哉」
※浮世草子・好色万金丹(1694)五「仏の御国喜見城の全盛(ゼンセイ)も爰には勝らじ」 〔五代史‐郭崇韜伝〕
遊女などに他をしのぐほど客が多くついてはやること。遊女の売れっ子人気のある俳優にもいう。
※評判記・難野郎古たたみ(1666頃)吉田玉之丞「いせのようたにて、きょねん中々ぜんせい
※浮世草子・けいせい伝受紙子(1710)二「我が身はいにしへ陸奥(みちのく)とて全盛(ゼンセイ)をやりし太夫職」
③ (━する) はぶりのよいこと。豪奢。また、そのようにふるまうこと。みせびらかし。
※仮名草子・浮世物語(1665頃)一「かの島原の御ぜんせい、昔になるやそなたぞと」
④ 傲慢な態度。
洒落本・其あんか(1786)其いほり「をかばしょのきゃくはいやだとのぜんせい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「全盛」の意味・読み・例文・類語

ぜん‐せい【全盛】

人気や勢力などが最も盛んな状態にあること。「全盛を誇る」「全盛時代」
遊女などに客が多くついて繁盛すること。
「姉なる人が―の余波なごり」〈一葉たけくらべ
はぶりのよいこと。また、そのように振る舞うこと。
「男振り見よげに我が女の手前の―こそ愚かなれ」〈浮・一代女・四〉
[類語]栄える繁栄繁盛にぎわう富む栄華最盛興隆盛ん盛大隆盛殷盛いんせい殷賑いんしん爛熟にぎわすにぎやかはやる盛る盛栄栄耀栄華共存共栄隆昌新興末広末広がり活況盛況盛会繁華花が咲く

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「全盛」の読み・字形・画数・意味

【全盛】ぜんせい

盛りを極める。唐・劉希夷白頭を悲しむ翁に代はる〕詩 言を寄す、紅顏の子 應(まさ)にれむなるべし、死白頭の 此の白頭、眞にれむべきも 伊(こ)れ昔、紅顏の美少年

字通「全」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android