公言(読み)コウゲン

デジタル大辞泉 「公言」の意味・読み・例文・類語

こう‐げん【公言】

[名](スル)人前で隠しだてすることなく堂々と言うこと。「公言してはばからない」
[類語]明言口外他言話す語るしゃべる物言う口を利く伝える告げる言う述べる物語る打ち明ける明かす説明する述懐する告白する言い出す発言する口に出す口にする吐く漏らす口走る抜かすほざくうそぶく

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「公言」の意味・読み・例文・類語

こう‐げん【公言】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 人前で隠し立てすることなく、おおっぴらに堂々と言うこと。公然と言うこと。
    1. [初出の実例]「天下之公言(コウゲン)也〔原道〕」(出典:文明本節用集(室町中))
    2. 「生徒がわるいんぢゃない教師が悪るいんだと公言して居る」(出典:坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉六)
    3. [その他の文献]〔史記‐孝文本紀〕
  3. 一般世人が是認する言説公論
    1. [初出の実例]「夫五行の説は、僅に支那一区の私言にして、四元の渾天渾地の公言に異なり」(出典:管蠡秘言(1777))

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「公言」の読み・字形・画数・意味

【公言】こうげん

あからさまにいう。〔魏書、劉昶伝〕高曰く、國家本來一事の(なげ)くべきことり。くべきは何ぞ。恆(つね)に得失言すること無きなり。今等、各其の心を盡せ。~能く擧ぐれば則ち賞を受け、言はずんば則ち罪らんと。

字通「公」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android