内海(読み)ないかい

精選版 日本国語大辞典 「内海」の意味・読み・例文・類語

ない‐かい【内海】

〘名〙
① 狭い海峡外洋と連絡し、陸地に囲まれた海。瀬戸内海など。沿岸が同一国家の領土に属し、内海の入り口が一定の距離を越えない場合は、その国の領海を構成する。うちうみ。⇔外海
※西洋聞見録(1869‐71)〈村田文夫〉前「蘇格蘭の中、ミュリー、ヒルツと云へる内海よりロツキ、リンニーと云へる内海迄溝河を造り」
仏語須彌山(しゅみせん)とそれを囲んでいる七金山との間にある七海のこと。七金山の外にある外海(げかい)に対する。
※正法眼蔵(1231‐53)海印三昧「いはゆる大海は、内海外海等にあらず」 〔倶舎論‐一一〕
③ 口の広い、胴の扁平な茶入れの名。大海(たいかい)の小型のもの。うちうみちゃいれ。〔随筆・嬉遊笑覧(1830)〕

うち‐うみ【内海】

〘名〙
① 湖。
今昔(1120頃か)二五「彼(か)の忠恒が栖(すみか)は、内海(うちうみ)に遙に入たる向ひに有る也」
② 陸の方に向かって入り込んだ海。入り海。入り江。湾。〔日葡辞書(1603‐04)〕
③ 陸地と陸地との間にはさまれ、海峡によって外洋に通じている海。ないかい。⇔外海(そとうみ)
高倉院厳島御幸記(1180)「備前国うちうみ通らせたまふ」

うつみ【内海】

〘名〙
① (「うちうみ(内海)」の変化した語) いりうみ。
謡曲烏帽子折(1480頃)「これは野間の内海(うつみ)にて果て給ひし鎌田兵衛正清が妹なり」
② 口の小さい茶壺。

うつみ【内海】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「内海」の意味・読み・例文・類語

ない‐かい【内海】

周りを陸地に囲まれ、狭い海峡で外洋と連絡している海。瀬戸内海など。うちうみ。⇔外海
仏語。須弥山しゅみせんを囲む九山八海のうち、第八山の内側にある海。
茶入れの一。大海たいかいに対して、口の狭い小形のもの。うちうみ。
[類語]海洋大洋大海海原領海公海大海原青海原内海うちうみ外海そとうみ外海がいかいわたつみ外洋沿海沿岸近海遠海遠洋絶海四海七つの海

うち‐うみ【内海】

陸地に入り込んだ海。入り海。ないかい。⇔外海そとうみ
湖。
大海たいかい茶入れの小ぶりのもの。
[類語]海洋大洋大海海原領海公海大海原青海原内海ないかい外海そとうみ外海がいかいわたつみ外洋沿海沿岸近海遠海遠洋絶海四海七つの海

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本歴史地名大系 「内海」の解説

内海
うつみ

[現在地名]南知多町内海

南知多町西部にある地。三方を山に囲まれ、内海川が南流して伊勢湾に注ぐ。河口の西に広がる砂浜は千鳥ちどりヶ浜として知られる。昭和五三年(一九七八)先刈まずかり貝塚から約八千年前の縄文早期中葉の押型文土器約六〇〇片、石ナイフ等三〇点、イヌ、シカ、イノシシ、アジ、イワシの骨などが出土。

天長八年(八三一)空海撰と伝えられる巌窟寺儀軌(岩屋寺蔵)には「尾張国智多郡宇津美荘巌窟寺」とある。

出典 平凡社「日本歴史地名大系」日本歴史地名大系について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「内海」の意味・わかりやすい解説

内海
うちうみ

愛媛県南西部,豊後水道に面する地区。旧村名。 2004年 10月御荘,城辺,一本松,西海の4町と合併し,愛南町となる。由良半島の南半分とその基部を占め,山地が海岸まで迫る。かつてはカツオ船とマグロ大敷網による漁業が盛んであったが,ハマチと真珠の養殖,柑橘類の栽培が行なわれるようになった。大根,根深などの野菜名,松網,大敷などの網名,多古,岩志などの魚名の名字をもつ家が多い。従来,北の宇和海への船便は狭長な由良半島を迂回していたが,1967年半島中央部に船越運河が開通した。須の川海岸は延長 1kmの砂州で,一面ウバメガシに覆われる景勝地。海岸一帯は足摺宇和海国立公園に属する。国道 56号線が由良半島基部を南北に通る。

内海
うちのみ

香川県北東部,小豆島町東部の旧町域。小豆島の東半部を占め,星ヶ城山 (816m) を中心とする山地がある。 1951年草壁町と安田村,苗羽村,坂手村,西村の4村が合体して発足。 1957年福田村を編入。 2006年池田町と合体して小豆島町となる。雨が少なく,たびたび渇水の被害に見舞われる。醤油,佃煮,石材の産地として知られる。また日本初のオリーブ試作地としても有名で,西部の傾斜地で盛んに栽培される。星ヶ城山西方の寒霞渓は国の名勝,付近の大坂城石垣石切丁場跡は国の史跡に指定されている。一帯は小豆島観光の主要地。大部分は瀬戸内海国立公園に属する。

内海
うつみ

広島県南東部,瀬戸内海に浮かぶ横島と田島からなる地域。旧町名。 1955年横島村と田島村が合体して町制。 2003年福山市に編入。島の産業はミカンと花卉栽培。沿岸漁業では田島いりこが知られる。かつてはフィリピンのルソン島への漁業移住者の母村であった。現在は漁業のほか観光事業も行なわれる。対岸などへの通勤者も多い。本土の沼隈半島と田島とは内海大橋で結ばれ,田島と横島は坊地の瀬戸を挟み,睦橋 (むつみばし) で結ばれている。地域の一部は瀬戸内海国立公園に属する。

内海
ないかい
inland sea

完全に陸地に囲まれている閉鎖内海と,2つ以上の狭い入口 (海峡) によって外洋と連結している内海とがある。2ヵ国以上に囲まれる場合,配分の問題が生じるため国連海洋法条約 123条では国際協力を規定している。一国の領土内にある内海の場合には,湾の規定である 24カイリ規則を準用し,これを越えない場合には沿岸国の内水とされる。 1974,76年に出された,テキサダ号事件の判決は,瀬戸内海を内水と認めている。

内海
うつみ

愛知県知多半島,南知多町の伊勢湾に面する地区。 1893年町制施行し,1961年には師崎 (もろざき) 町などとともに3町2島嶼村が合併,南知多町の一部となる。近世には江戸廻船の根拠地。丘陵部ではミカンの栽培,沿岸部ではノリ養殖が盛ん。内海温泉,海水浴場があり,付近の岬端地特有の自然景観とともに 1958年三河湾国定公園,68年南知多県立自然公園の一部に指定された。

内海
うちうみ

宮崎市南端,日南海岸にある集落。浅くなった市内赤江港に代って宮崎市の重要な商港となった。石油貯蔵タンクが並ぶ石油基地。付近に天然記念物アコウ,特別天然記念物ヤッコソウ発生地などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア 「内海」の意味・わかりやすい解説

内海【ないかい】

二つ以上の海峡で外海に連なる比較的小さな水域。沿岸がすべて同一国に属し,海峡の幅が著しく狭い場合にはその国の支配下にある内水とされる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

暖冬

冬期3カ月の平均気温が平年と比べて高い時が暖冬、低い時が寒冬。暖冬時には、日本付近は南海上の亜熱帯高気圧に覆われて、シベリア高気圧の張り出しが弱い。上層では偏西風が東西流型となり、寒気の南下が阻止され...

暖冬の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android