再任(読み)さいにん

精選版 日本国語大辞典 「再任」の意味・読み・例文・類語

さい‐にん【再任】

〘名〙 再び前の官または役目仕事に任ぜられること。
史記抄(1477)一一「講師不及比余疑再任乎」
読史余論(1712)三「義材は今出川入道大納言源義視子也。前職四年再任十四年」 〔宋史‐仁宗紀・二〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「再任」の意味・読み・例文・類語

さい‐にん【再任】

[名](スル)もう一度前と同じ職務に就くこと。また、就けること。「議長再任する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「再任」の読み・字形・画数・意味

【再任】さいにん

再任命。

字通「再」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

激甚災害

地震や風雨などによる著しい災害のうち、被災地域や被災者に助成や財政援助を特に必要とするもの。激甚災害法(1962年成立)に基づいて政令で指定される。全国規模で災害そのものを指定する「激甚災害指定基準に...

激甚災害の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android