出城(読み)デジロ

デジタル大辞泉 「出城」の意味・読み・例文・類語

で‐じろ【出城】

本城ほか国境などの要害の地に築いた城。枝城えだじろ。→根城ねじろ
[類語]とりで城郭シャトー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「出城」の意味・読み・例文・類語

で‐じろ【出城】

  1. 〘 名詞 〙 本城の外、国境などの重要な場所に築いた城。出丸。枝城(えだじろ)
    1. [初出の実例]「与力者大金藤八山路将監遣越前境目片岡天神山出城」(出典柴田退治記(1583))
    2. 「逆賊伊賀寿太郎成信、千丈ケ嶽に出城(デジロ)を構へ」(出典:歌舞伎・四天王産湯玉川(1818)五立)

しゅつ‐じょう‥ジャウ【出城】

  1. 〘 名詞 〙 城を出ること。城外に行くこと。〔いろは字(1559)〕
    1. [初出の実例]「其身は出城めさるるとも。名は城中にとどめ置」(出典:浄瑠璃・源頼家源実朝鎌倉三代記(1781)三)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「出城」の読み・字形・画数・意味

【出城】しゆつじよう

郊外

字通「出」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android