出来合(読み)できあい

精選版 日本国語大辞典 「出来合」の意味・読み・例文・類語

でき‐あい ‥あひ【出来合】

〘名〙
注文を受けて作るのでなく、すでにできているもの。既製のもの。あつらえに対していう。〔日葡辞書(1603‐04)〕
浄瑠璃三浦大助紅梅靮(1730)一「誂へなりと出来合なと、いざ召ませい」
② にわか作りの粗末なもの。にわか仕立て。間にあわせ。ありあわせ。一時しのぎ。
※俳諧・口真似草(1656)一〇「いくたりの男ころせる後家ならん いくさの太刀の出来合のさや〈貞晨〉」
※他人の顔(1964)〈安部公房〉黒いノート「出来合いの知識だけでは、ちょっと間に合いそうになかった」
男女のひそかな情交密通野合
※蔵の中(1918‐19)〈宇野浩二〉「『それで、その奥さんお国からおもらひになったのですか〈略〉』『〈略〉勿論できあひです』」

でき‐あ・う ‥あふ【出来合】

〘自ワ五(ハ四)〙 (「できやう」とも)
① ちょうどその時にできあがる。できて間に合う。
※古文真宝笑雲抄(1525)四「幸に出来合た亭に名つけたなり」 〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 男女がよい仲になる。密通する。くっつく。
梅津政景日記‐慶長一七年(1612)一一月二八日「越後の彌三と申若衆にほれ候て、八月廿七日に出きあい
女難(1903)〈国木田独歩〉四「私が本郷に下宿して居る中に其処の娘と出来(デキ)やったので厶います」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「出来合」の意味・読み・例文・類語

でき‐あい〔‐あひ〕【出来合(い)】

注文を受けて作るのではなく、すでに作ってあること。また、その品。既製。「出来合いの服」「出来合いで間に合わせる」⇔あつら
男女がひそかに情を通じること。密通。
出来合い夫婦」の略。
有り合わせ。間に合わせ。
「この山の芋をとろろにして―の麦飯を進ぜうかい」〈浄・歌祭文
[類語]洋服和服ころも衣料品衣料衣服衣類着物着衣被服装束お召物衣装ドレス洋品アパレル略服ふだん着略装軽装着流しカジュアルよそゆき一張羅街着礼服式服フォーマルウエア礼装正装既製服レディーメード既製吊るしプレタポルテ注文服オーダーメード私服官服制服ユニホーム学生服軍服燕尾服喪服セーラー服水兵服背広スーツ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

少子化問題

少子化とは、出生率の低下に伴って、将来の人口が長期的に減少する現象をさす。日本の出生率は、第二次世界大戦後、継続的に低下し、すでに先進国のうちでも低い水準となっている。出生率の低下は、直接には人々の意...

少子化問題の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android