分食(読み)ブンショク

デジタル大辞泉 「分食」の意味・読み・例文・類語

ぶん‐しょく【分食】

1回あたりの食事量を少なくし、1日に4~6回程度に分けて食事をとること。血糖値の急激な増加を避ける必要がある糖尿病患者などの食事療法で行われる。分割食

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「分食」の意味・読み・例文・類語

ぶん‐しょく【分食・分蝕】

  1. 〘 名詞 〙ぶぶんしょく(部分食)
    1. [初出の実例]「日蝕は〈略〉、全蝕・分蝕の二様あれども」(出典:牙氏初学須知(1875)〈田中耕造訳〉一)

分食の補助注記

「分食」は「分蝕」の書き換え。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android