初初しい(読み)ウイウイシイ

デジタル大辞泉 「初初しい」の意味・読み・例文・類語

ういうい‐し・い〔うひうひ‐〕【初初しい】

[形][文]うひうひ・し[シク]
物慣れないで幼い感じがする。世間慣れしていないで、若々しく新鮮にみえる。「―・い新入生」「―・い新妻
はじめてなので、気持ちが落ち着かない。きまりが悪い。恥ずかしい。
「今はさやうのことも―・しくすさまじく思ひなりにたれば」〈・若菜上〉
[派生]ういういしげ[形動]ういういしさ[名]
[類語]うぶおぼこ幼少幼弱幼時幼年若齢若年弱小弱冠年少年若としわか年弱としよわヤング若い幼いいとけなうら若い若若しい若やか若やぐ若気みずみずしい青臭い溌剌子供らしい青い乳臭い未熟幼稚稚気童心子供っぽい幼心おさなごころ子供心くちばしが黄色い頑是ない子供じみる大人気ない無邪気あどけないいたいけ無心天真爛漫天衣無縫イノセント罪が無いフレッシュ新しい新鮮生鮮生新清新ぴちぴち取れ立て生き生き生生なまなましい真新しいホット最新トレンディー新た目新しい斬新最先端真っさら出来立てほやほや新味新風新品生き活気新進新進気鋭新鋭

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

激甚災害

地震や風雨などによる著しい災害のうち、被災地域や被災者に助成や財政援助を特に必要とするもの。激甚災害法(1962年成立)に基づいて政令で指定される。全国規模で災害そのものを指定する「激甚災害指定基準に...

激甚災害の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android