判別(読み)はんべつ

精選版 日本国語大辞典 「判別」の意味・読み・例文・類語

はん‐べつ【判別】

〘名〙 区別を明らかにすること。見分けること。識別
日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉四「互に相錯綜して明に判別すべからずと雖ども」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「判別」の意味・読み・例文・類語

はん‐べつ【判別】

[名](スル)はっきり見分けること。区別すること。「品種判別する」「善悪判別する」
[類語]識別鑑別鑑識鑑定弁別峻別選別種別差別見分ける認識判断

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「判別」の読み・字形・画数・意味

【判別】はんべつ

弁別する。

字通「判」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

狐の嫁入り

1 日が照っているのに、急に雨がぱらつくこと。日照り雨。2 夜、山野で狐火が連なって、嫁入り行列の提灯ちょうちんのように見えるもの。[類語](1)狐日和びより・天気雨・雨天・荒天・悪天・雨空・梅雨空・...

狐の嫁入りの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android