前世(読み)ぜんせい

精選版 日本国語大辞典 「前世」の意味・読み・例文・類語

ぜん‐せい【前世】

〘名〙
① むかし。いにしえ。前代
随筆・秉燭譚(1729)一「本朝にて前世は専用られたる書と見えたり」 〔漢書‐匈奴伝・下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「前世」の意味・読み・例文・類語

ぜん‐せ【前世】

《古くは「ぜんぜ」》この世に生まれ出る以前の世。さきの世。仏教では三世の一。過去世ぜんせい。→現世来世
[類語]前生宿世

さき‐せ【前世】

ぜんせ(前世)」に同じ。
何様どういふ―の因縁だか判次郎を恋慕ひ」〈人・梅美婦禰・五〉

ぜん‐せい【前世】

ぜんせ(前世)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「前世」の読み・字形・画数・意味

【前世】ぜんせい

前の世。

字通「前」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

インボイス

送り状。船荷証券,海上保険証券などとともに重要な船積み書類の一つで,売買契約の条件を履行したことを売主が買主に証明した書類。取引貨物の明細書ならびに計算書で,手形金額,保険価額算定の基礎となり,輸入貨...

インボイスの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android