前代(読み)ぜんだい

精選版 日本国語大辞典 「前代」の意味・読み・例文・類語

ぜん‐だい【前代】

〘名〙
① 現在より前の時代。前の世。前の時代。先代
万葉(8C後)五・沈痾自哀文「吾聞 前代多有良医、救療蒼生病患
当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一九「彌々其前代(ゼンダイ)有様を知りたり」 〔書経‐周官〕
当主の前の代。さきの主人。先代。
浄瑠璃心中宵庚申(1722)上「只今の殿様前代とちがひ、なにかに付て軽ひお身持」
※虎明本狂言・麻生(室町末‐近世初)「げらが宿を忘れて、はやし物をしてくる、ぜんだいのくせ事」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「前代」の意味・読み・例文・類語

ぜん‐だい【前代】

前の時代。先代。「前代遺物
当主の前の代。先代。「前代遺言
前代未聞」の略。
「―珍しき事ぞと、沙汰せざる所なし」〈浮・二十不孝・三〉
[類語]先代初代

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「前代」の読み・字形・画数・意味

【前代】ぜんだい

前の時代。民国・章炳〔国故論衡、中、弁詩〕余(われ)以爲(おも)へらく、古(いにしへ)禮樂未だ興らず、則ち代に因(いんしふ)す

字通「前」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android