剛の者(読み)ゴウノモノ

デジタル大辞泉 「剛の者」の意味・読み・例文・類語

ごう‐の‐もの〔ガウ‐〕【剛の者】

《古くは「こうのもの」》
武勇にすぐれた者。つよくて勇敢な者。つわもの。
ある方面に特に強い者。その道の達人。また、したたか者。つわもの。「色事にかけては剛の者だ」
[類語]勇者勇士強者豪傑猛者もさつわもの強豪古豪

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「剛の者」の意味・読み・例文・類語

ごう【剛】 の 者(もの)

  1. ( 古くは「こうのもの」 )
  2. すぐれて強い者。強くて勇敢な者。剛の人。剛の武者。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
    1. [初出の実例]「金武といふ大ぢからのかうの物〈略〉大床のうへへとびのぼる」(出典:平家物語(13C前)四)
  3. ある方面にぬきんでて、非常に強い人。その道の達人やしたたか者。
    1. [初出の実例]「躁狂の点に於ては一世を空しうするに足る天晴な豪のものである」(出典:吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉九)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション 「剛の者」の解説

ごうのもの【剛の者】

福岡粕取り焼酎。昔ながらの木製蒸籠(せいろう)を使って蒸留し、5年以上熟成させる。原料は清酒粕。アルコール度数25%。蔵元の「大坪酒造」は明治31年(1898)創業。所在地はみやま市瀬高町下庄。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報