割れ目(読み)ワレメ

デジタル大辞泉 「割れ目」の意味・読み・例文・類語

われ‐め【割れ目/破れ目】

割れたところ。割れてできた裂け目ひび。「―が入る」「氷の―」
[類語]切れ目分け目裂け目小口切れ口継ぎ目節目ひび割れひび亀裂ミシン目

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳 「割れ目」の解説

割れ目

サイコロ出目によって四人のうち一人が「割れ目」と指名され、その人に関わる点数収受がその局は倍づけになるルール

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

今日のキーワード

暖冬

冬期3カ月の平均気温が平年と比べて高い時が暖冬、低い時が寒冬。暖冬時には、日本付近は南海上の亜熱帯高気圧に覆われて、シベリア高気圧の張り出しが弱い。上層では偏西風が東西流型となり、寒気の南下が阻止され...

暖冬の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android