創設(読み)そうせつ

精選版 日本国語大辞典 「創設」の意味・読み・例文・類語

そう‐せつ サウ‥【創設】

〘名〙 はじめてつくりもうけること。新たに設立すること。創立
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉一〇「国会創設(ソウセツ)の其頃よりして、党派を組織したる人にあらずや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「創設」の意味・読み・例文・類語

そう‐せつ〔サウ‐〕【創設】

[名](スル)施設機関を新しくつくること。「学校創設する」「会の創設メンバー」
[類語]創立発足発会生まれる誕生出来る結成創業創始新設開設設立開業始業

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「創設」の読み・字形・画数・意味

【創設】そうせつ

新設。

字通「創」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android