勅選(読み)チョクセン

デジタル大辞泉 「勅選」の意味・読み・例文・類語

ちょく‐せん【勅選】

天皇がみずから選ぶこと。
才識名望とあるものを議員に―せられ」〈鉄腸花間鶯

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「勅選」の意味・読み・例文・類語

ちょく‐せん【勅選】

  1. 〘 名詞 〙 天皇がみずから選ぶこと。〔布令字弁(1868‐72)〕花間鶯(1887‐88)〈末広鉄腸〉下「政府民間から適当の人物を勅選(チョクセン)になって憲法会議を御開きになるのは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android