北川春成(読み)きたがわ はるなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plus 「北川春成」の解説

北川春成 きたがわ-はるなり

?-? 江戸時代後期の画家
模写にすぐれた京都の絵師合川珉和(あいかわ-みんわ)と共同で,おもに清水寺(きよみずでら)・祇園社(ぎおんしゃ)(八坂神社)の絵馬を縮写し,文政2年(1819)「扁額(へんがく)軌範」(初代速水春暁斎(はやみ-しゅんぎょうさい)編)を刊行した。この図集は「都絵馬鑑(みやこえまかがみ)」と改題され,世にひろまった。号は明渓。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android