北西辺境州(読み)ほくせいへんきょうしゅう(英語表記)North-West Frontier Province

改訂新版 世界大百科事典 「北西辺境州」の意味・わかりやすい解説

北西辺境州 (ほくせいへんきょうしゅう)
North-West Frontier Province

パキスタン北西端の州。面積7万4522km2,人口1774万3645(1998)。州都ペシャーワル。ほぼインダス川本流以西のアフガニスタン北東国境部に接する諸山地と,その山麓高原地帯からなる。中央をカーブル川が東西に横切り,肥沃な河谷平野(ペシャーワル谷)を形成する。北部山岳地帯を除くと主要住民はイラン系のパシュトゥーン(パターン)族で,州南西部の国境沿いに半独立的な部族地域をつくっている。気候は半乾燥気候で,農業は小麦トウモロコシ,米,サトウキビ,タバコを主作物とするが,後3者は灌漑の発達したペシャーワル谷を主産地とする。北部山岳地帯の低山帯には松,オークなどの森林があり,パキスタンの数少ない林業地帯となる。その麓の山間河谷はアプリコット,リンゴなどの果物を産する。工業はこれら農産物の加工のほか,家具,銃器などの製造を主とする。

 中央アジアからインド亜大陸への門戸ハイバル峠を西にもち,歴史上諸王朝間の争奪の地となっただけでなく,東西文化交流の上でも大きな役割を果たしてきた。前6~前5世紀ころの十六大国併存時代にはガンダーラ国としてあらわれ,前6世紀末にはダレイオス1世侵入により,一時アケメネス朝ペルシアの属領となった。

 前4世紀末にはアレクサンドロス大王が侵入して,前3世紀のマウリヤ朝アショーカ王の時代に仏教伝播,1~5世紀にはガンダーラ美術が展開し,初めて仏像がここでつくられたという多彩な古代史をもつ。しかし10世紀初めにはイスラム化され,以後アフガニスタンからのムスリム諸勢力の侵入が繰り返され,16~17世紀にはムガル帝国の治下にはいった。1818年からはパンジャーブに興ったシク王国領土となり,49年の同国滅亡後イギリス領となった。1901年には英領パンジャーブ州から分離して州を形成。英領下にはパシュトゥーン族の反乱が頻発した。47年独立を達成したパキスタンに編入された。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「北西辺境州」の意味・わかりやすい解説

北西辺境〔州〕
ほくせいへんきょう

カイバル・パクトゥンクワ州」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典(旧版)内の北西辺境州の言及

【パキスタン】より

…この時点でパキスタン・イスラム共和国となったが,62年3月~64年1月の間は〈パキスタン共和国〉と称した。 〈パキスタンPAKISTAN〉とはウルドゥー語で〈清浄な国〉を意味すると同時に,パンジャーブ州のP,北西辺境州(アフガン州)のA,カシミールのK,シンド州のS,バルーチスターン州の末尾のTANを結合したものである。独立当時は東西に1800kmも離れた〈飛び地国家〉で,面積では〈西〉が85%,人口では〈東〉が55%を占めた。…

※「北西辺境州」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android