半ば(読み)なかば

精選版 日本国語大辞典 「半ば」の意味・読み・例文・類語

なか‐ば【半ば】

[1] 〘名〙
半分に分けたものの一方。半分。
書紀(720)雄略一四年四月(前田本訓)「天皇有司(つかさ)に命(みことおほ)せて二(つ)子孫を分(わか)ちて一分(ナカハ)をば大草香部の民として皇后に封(よさ)したまふ」
② まんなか中間点を示す。
(イ) 一定の長さ、または範囲の中間、中央の地点をいう。
※石山寺本金剛般若経集験記平安初期点(850頃)「崖に至る半(ナカハ)、人有りて接(とら)ふるに似たり」
(ロ) 一定の時間の中間。暦、季節、生涯など、ある時間の中間の時点をいう。
蜻蛉(974頃)中「春のなかはにもなりにけり」
(ハ) ある状態が始まってから、終わると予想されるまでの中間の状態をいう。そのことが盛んに行なわれている頃。まっ最中中途
太平記(14C後)八「一条の手尚相支へて、戦半(ナカバ)也と聞えしかば」
③ 不和であること。対立している状態。
醍醐寺文書‐(年未詳)五月一〇日・某書状「御おやこなかはふしふしのやう御入候へは、わか身せうしにて候」
[2] 〘副〙
① 半分ほど、そういう状態であるさま。「なかば…なかば…」と二つの状態を対比して用いることが多い。
※ロドリゲス日本大文典(1604‐08)「ソノ コトヲ キイテ nacaba(ナカバ) ヲソレ nacaba(ナカバ) アキレテ」
虞美人草(1907)〈夏目漱石〉二「『言ひませうか』と老人は半(ナカ)ば笑ひながら」
② (「半分ほど」の意が強調されて) ある状態が進んで、大方そうなるさま。ほとんど。だいぶ。よほど。
古今(905‐914)物名・四五二「さ夜ふけてなかばたけゆく久方の月吹き返せ秋の山風〈景式王〉」
③ 事態・状態がまだ半分程度にしかなっていないさま。まだ進んでいない状態としていう。いくぶん。いくらか。
源氏(1001‐14頃)明石「むつごとを語りあはせむ人もがなうき世の夢もなかはさむやと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「半ば」の意味・読み・例文・類語

なか‐ば【半ば】

[名]
全体を二つに分けた、その一方。半分。「敷地半ば人手に渡す」
一定の距離・期間などの中間のあたり。「枝を半ばから切り落とす」「五月の半ば」「人生半ば
ある物事途中。ある物事をしている最中。「式典半ばで退席する」「志半ばで挫折する」
[副]
半分ほど、ある状態になっているさま。「半ばあきれ、半ば感心する」
完全にではないが、かなりの程度。ほとんど。「半ば観念している」
[類語](1半分五分ハーフ半数半額半金半値四半分/(2中間あいだ中程なかほど中頃なかごろ・真ん中辺・中途/(3道すがら道中道道みちみち途中途上途次中途行き掛け路次道草通りすがり通り掛かり通り掛け行きずり行き掛かり帰りしな帰りぎわ帰り掛け帰るさ寄り道ついでついでにちなみに念のため手ついでがてらかたがたかたわら

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

インボイス

送り状。船荷証券,海上保険証券などとともに重要な船積み書類の一つで,売買契約の条件を履行したことを売主が買主に証明した書類。取引貨物の明細書ならびに計算書で,手形金額,保険価額算定の基礎となり,輸入貨...

インボイスの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android