原始時代(読み)げんしじだい

精選版 日本国語大辞典 「原始時代」の意味・読み・例文・類語

げんし‐じだい【原始時代】

〘名〙 未開原始社会の存在する時代日本では、先土器、縄文の頃をさす。原人時代。
空知川岸辺(1902)〈国木田独歩〉一「原始時代(ゲンシジダイ)そのままで幾千年人の足跡をとどめざる大森林を」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「原始時代」の意味・読み・例文・類語

げんし‐じだい【原始時代】

文明が開けず、人間が原始的な生活を営んでいた時代。有史以前をさしていう場合が多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) 「原始時代」の意味・わかりやすい解説

原始時代
げんしじだい

文化が原始的な状態にあった時代、もしくは人間が原始的な生活を営んでいた時代をいう。原始的というのは、日本でも中国でも英語のprimitiveの訳語であって、元来、「最初の」「初期の」の義であるが、遠古の人々の程度の低い文化を形容する場合にも、近代未開民族の文化や社会をさす場合にも使用され、その意味でそれは歴史学の概念ではなく、社会学の用語なのである。したがって歴史のある時代ないし歴史上のある社会を規定するのにこの形容詞を用いることは、適切とはいいがたい。日本では大和(やまと)時代以前の時代を神代とか先史時代といっていたが、第二次世界大戦後、それらの看板を塗り換え、原始時代や原始社会の語に置き換えられたが、それは深刻な思索によったのではなかった。日本の歴史を正しく体系づけるためには、「原始的」といった非歴史学的な概念を排除する必要がある。

角田文衛

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

山川 日本史小辞典 改訂新版 「原始時代」の解説

原始時代
げんしじだい

歴史学上の時代区分。「原始時代」は人類がその誕生から,文字や金属器の使用,都市的・階級的な国家の成立などによって代表される古代文明の段階に到達するまでの時代をいう。日本ではほぼ縄文時代までがそれにあたる。これに対し「原史時代」は考古学上の時代区分で,先史時代と歴史時代との中間,信頼しうる文献史料の少ない時代をいう。日本では弥生中期~古墳時代がそれにあたるが,概念としては現在ほとんど用いられない。

出典 山川出版社「山川 日本史小辞典 改訂新版」山川 日本史小辞典 改訂新版について 情報

今日のキーワード

脂質異常症治療薬

血液中の脂質(トリグリセリド、コレステロールなど)濃度が基準値の範囲内にない状態(脂質異常症)に対し用いられる薬剤。スタチン(HMG-CoA還元酵素阻害薬)、PCSK9阻害薬、MTP阻害薬、レジン(陰...

脂質異常症治療薬の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android