反乱(読み)ハンラン

デジタル大辞泉 「反乱」の意味・読み・例文・類語

はん‐らん【反乱/×叛乱】

[名](スル)権力支配者に背いて武力行動を起こすこと。「―を鎮める」
[補説]書名別項。→叛乱
[類語]謀反反逆造反背反革命変革維新改新改革改変改造政変事変内乱暴動クーデター世直し

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「反乱」の読み・字形・画数・意味

【反乱】はんらん

字通「反」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

デジタル大辞泉プラス 「反乱」の解説

反乱

ジュール・ヴェルヌ皇帝の密使ミハイル・ストロゴフ』の別邦題。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android