叔父(読み)シュクフ

デジタル大辞泉 「叔父」の意味・読み・例文・類語

しゅく‐ふ【叔父】

父母の弟。おじ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「叔父」の意味・読み・例文・類語

おと‐おじ‥をぢ【叔父・阿叔】

  1. 〘 名詞 〙 ( 「おと」は、年下若いの意 ) 父の弟。おとおおじ。⇔伯父(えおじ)。→おと(弟)。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕

しゅく‐ふ【叔父】

  1. 〘 名詞 〙 ( 「しゅくぶ」とも ) 父母の弟。おじ。〔文明本節用集(室町中)〕 〔詩経‐魯頌〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「叔父」の読み・字形・画数・意味

【叔父】しゆくほ

おじ。また、天子同姓諸侯をよぶ語。〔礼記、曲礼下〕九州の長、天子の國に入るときは牧と曰ふ。天子、同姓には之れを叔と謂ひ、異姓には之れを叔舅(しゆくきう)と謂ふ。

字通「叔」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android