取(漢字)

普及版 字通 「取(漢字)」の読み・字形・画数・意味


常用漢字 8画

[字音] シュ
[字訓] とる・めとる

[説文解字]
[甲骨文]
[金文]

[字形] 会意
耳+(又)(ゆう)。〔説文〕三下に「捕取するなり」とあり、戦場で討ちとった者の左耳を切り取る意。これを(かく)といい、その数によって戦功を定めた。凱旋してそのに献じ、論功した。首を取ることは、馘(かく)という。耳をとり集めることを最・撮(さつ)といい、また聚(しゆう)という。妻を娶ることをも取という。

[訓義]
1. とる、耳を切りとる、左耳を取って戦功をかぞえる。
2. とらえる、うばう、おさめる、わがものとする。
3. 戦いかつ、ほろぼす。
4. めとる、妻とする。

[古辞書の訓]
名義抄〕取 トル/取 ミダリカハシ 〔字鏡集〕取 トル・ヲサム

[声系]
〔説文〕に取声として趣・諏・・聚・掫・娶など十三字を収める。(さい)は最の初文で、耳を覆って集めまとめる意。取声の字は、おおむねその声義を承けるところがある。

[語系]
取・娶tsioは同声。古くは戦果として嫁娶のことがあったのであろう。〔易、屯、上六〕に「馬に乘ること班如たり。泣血如(れんじよ)たり。寇するに匪(あら)ず、婚せんとするなり」とは、古い時代の奪略婚を歌う詩句であったかと思われる。また(最)・聚dzio、族dzok、叢dzongは声近く、とり集める意をもち、一つの語系をなすものであろう。

[熟語]
取意取盈・取・取説・取厭・取下・取勘・取義・取給・取去・取遣取告・取妻・取裁取索・取士・取次・取舎取捨・取女・取称・取勝・取証・取償・取笑取贖・取信・取親・取人・取正・取・取奪・取中取衷・取程・取当・取得取譬取媚・取法・取名取予・取与・取余取容・取累・取礼・取・取路
[下接語]
引取・掩取・獲取・看取簡取・観取・棄取・逆取・去取・攻取・詐取采取・採取・索取・搾取・酌取・取・進取窃取・接取・摂取・択取・奪取・徴取・聴取・発取・伐取・俯取・捕取

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

道頓堀川

大阪府中部,大阪市の中央部にある運河。東横堀川から中央区の南部を東西に流れて木津川にいたる。全長約 2.5km。慶長17(1612)年河内国久宝寺村の安井道頓が着工,道頓の死後は従弟の安井道卜(どうぼ...

道頓堀川の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android