口実(読み)こうじつ

精選版 日本国語大辞典 「口実」の意味・読み・例文・類語

こう‐じつ【口実】

〘名〙
① 生活するのに必要なもとで。糊口の資。口すぎのもと。〔後漢書‐劉般伝〕
② もの言いをする材料とするもの。いいぐさ。かたりぐさ。また、よく口にすることば
※三教指帰(797頃)上「非只蛭牙之為一レ誡、余亦充身之口実矣」
今昔(1120頃か)一五「浄心信敬 不生疑或 不堕地獄 餓鬼畜生 若在仏前 蓮花化生 と云ふ文を朝暮の口実として誦ける」 〔春秋左伝‐襄公二〇年〕
③ 言いわけや言いのがれの、あるいは非難、攻撃などの言いがかりの材料。また、そのことば。
※拘幽操辨(1686)「武王があの口実の言をみなんだか」
当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一二「プロベブルな〔ほんとらしい〕口実(コウジツ)を設けて」
④ 食べ物。
※六如庵詩鈔‐二編(1797)三・秋半樵夫来売松蕈大可豆子索価甚貴戯賦「口実細思殊小事、忍遅数日賤如泥」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「口実」の意味・読み・例文・類語

こう‐じつ【口実】

言い逃れや言いがかりの材料。また、その言葉。「病気口実に欠席する」「口実を与える」「口実をさがす」
日ごろよく口にする言葉。言いぐさ。
「朝暮の―として誦しける」〈今昔・一五・四三〉
[類語]名目隠れみの仮託かこつける託するよそえる盾に取る表向き表看板美名綺麗事大義大義名分錦の御旗

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「口実」の読み・字形・画数・意味

【口実】こうじつ

語りぐさ。かこつけごと。〔書、仲之誥〕湯、を南(なんさう)に放つ。惟(こ)れ慙り。曰く、予(われ)來世、台(われ)を以て口實と爲さんことをると。

字通「口」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ダモクレスの剣

常に身に迫る一触即発の危険な状態をいう。シラクサの僭主ディオニュシオス1世の廷臣ダモクレスが王者の幸福をたたえたので,王がある宴席でダモクレスを王座につかせ,その頭上に毛髪1本で抜き身の剣をつるし,王...

ダモクレスの剣の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android