右腕(読み)ミギウデ

デジタル大辞泉 「右腕」の意味・読み・例文・類語

みぎ‐うで【右腕】

右がわの腕。うわん
最も信用し、頼みにしている部下。「社長右腕と頼む人」
[類語]懐刀腹心手足

う‐わん【右腕】

右のうで。みぎうで。⇔左腕
野球で、右投げ投手。右腕投手。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「右腕」の意味・読み・例文・類語

みぎ‐うで【右腕】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 右の方の腕。
    1. [初出の実例]「主治医は遅蒔ながら手術を思ひ立って肩の附根から右腕(ミギウデ)を切離した」(出典江戸から東京へ(1921)〈矢田挿雲六下)
  3. ある人のいちばん信頼している有能な部下。
    1. [初出の実例]「戦前は、父の右腕で副校長というのをやってたから」(出典:セルロイドの塔(1959)〈三浦朱門〉六)

う‐わん【右腕】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 右のうで。⇔左腕
    1. [初出の実例]「寺内元帥の右腕(ウワン)此時にダラリとぶら下がったのである」(出典:江戸から東京へ(1921)〈矢田挿雲〉五)
  3. 右ききであること。「右腕投手」⇔左腕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android