命運(読み)めいうん

精選版 日本国語大辞典 「命運」の意味・読み・例文・類語

めい‐うん【命運】

〘名〙 めぐりあわせ。運命。身の定め。いのち
※俳諧・枯尾花(1694)上「壁をへだてて、命運を祈る声の耳に入けるにや」
読本椿説弓張月(1807‐11)前「命運(メイウン)の微(はかな)きをうち歎給ひける」 〔五雑俎‐地部二〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「命運」の意味・読み・例文・類語

めい‐うん【命運】

身の定め。めぐりあわせ。運命。「命運す」「命運が尽きる」
[類語]運命運勢天運天命巡り合わせ回り合わせ星回り命数暦数宿命宿運定め時運因縁

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「命運」の読み・字形・画数・意味

【命運】めいうん

運命。めぐり合わせ。〔白虎通災変〕堯、洪水ひ、湯、大旱ふ。命時に然るのみ。

字通「命」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

激甚災害

地震や風雨などによる著しい災害のうち、被災地域や被災者に助成や財政援助を特に必要とするもの。激甚災害法(1962年成立)に基づいて政令で指定される。全国規模で災害そのものを指定する「激甚災害指定基準に...

激甚災害の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android