咲乱れる(読み)サキミダレル

デジタル大辞泉 「咲乱れる」の意味・読み・例文・類語

さき‐みだ・れる【咲(き)乱れる】

[動ラ下一][文]さきみだ・る[ラ下二]あたり一面に花が咲く。さかんに咲く。「野に―・れるれんげ草」
[類語]咲く咲き誇る咲き揃う咲きこぼれる満開繚乱百花繚乱開花爛漫花期花時早咲き遅咲き狂い咲き返り咲き二度咲き四季咲き室咲き綻びる開く花開く膨らむ咲き初める・咲き競う・咲き匂う

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「咲乱れる」の意味・読み・例文・類語

さき‐みだ・れる【咲乱】

  1. 〘 自動詞 ラ行下一段活用 〙
    [ 文語形 ]さきみだ・る 〘 自動詞 ラ行下二段活用 〙 花が入り乱れるように咲く。同時にたくさん咲いている。
    1. [初出の実例]「前栽の花、いろいろにさきみだれたるをみやりて、ふしながら、かくぞいはるる」(出典:蜻蛉日記(974頃)上)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android