嗣子(読み)シシ

デジタル大辞泉 「嗣子」の意味・読み・例文・類語

し‐し【嗣子】

家を継ぐべき子。あととり。
[類語]跡取り跡継ぎ家督跡目後継者相続人世継ぎ総領

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「嗣子」の意味・読み・例文・類語

し‐し【嗣子】

  1. 〘 名詞 〙 家督をつぐべき子ども。あととり。あとつぎ。よつぎ。
    1. [初出の実例]「自ら嗣子と称するは、諸侯の称する詞にて、士大夫の称すべき詞に非ず」(出典:随筆・過庭紀談(1768)四)
    2. 「ヘヌリを仏蘭西王の嗣子と定め」(出典:西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉二)
    3. [その他の文献]〔春秋左伝‐哀公二〇年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「嗣子」の読み・字形・画数・意味

【嗣子】しし

あとつぎ。〔礼記、曲礼下〕君大夫の子は、敢て自らして余小子と曰はず。大夫士の子は、敢て自らして嗣子某と曰はず。

字通「嗣」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「嗣子」の意味・わかりやすい解説

嗣子
しし
si zi

旧中国において,法律上の正規の養子をさす言葉過継子ともいう。事実上の養子を義子螟蛉子などと称するのと区別される。異姓不養が固い掟とされ,嗣子は同宗昭穆相当の者 (男系血族で生れるべき子と同じ世代に属する者) のうちから選ばなければならないものとされていた。男子孫を残さずに死亡した者のために,あとから嗣子を立てることも行われた。嗣子に対して養父養母を嗣父嗣母という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典(旧版)内の嗣子の言及

【養子】より

…これらも結局は縁談を有利に進める手段であった。【上野 秀治】
[中国]
 旧中国では実子のない場合,同族のうちから(したがって必ず同姓である)生まれるべきであった子と同じ世代にあたるもの(同宗昭穆相当(どうそうしようぼくそうとう)という)を選んで,祖先祭祀また家産相続のための承継人とし,これを嗣子(また継子,過継子,過房子)と称した。被承継人が生前に親等の近いものを指定するのが普通であるが,夫の死後に寡婦が選定することがあり,夫妻が死亡,また夫の死後に妻が改嫁した場合には,同族の人が継絶と称して嗣子を立てることも可能であった。…

※「嗣子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android