在郷小綱木村(読み)ざいごうこつなぎむら

日本歴史地名大系 「在郷小綱木村」の解説

在郷小綱木村
ざいごうこつなぎむら

[現在地名]川俣町小綱木こつなぎ

広瀬ひろせ川支流の高根たかね川・長滝ながたき川流域に位置し、北は在飯坂ざいいいざか村・町小綱木まちこつなぎ村。在小綱木村とも称した。丘陵状を呈し、長滝川が北流し、西流する高根川に沿って中村(現相馬市)に至る街道が東西に走り、河川・街道沿線に集落が形成される。寛文一三年(一六七三)小綱木村が当村と町小綱木村・新田小綱木しんでんこつなぎ村に分村して成立。さらに元文元年(一七三六)当村を小分して本帳ほんちよう別帳べつちように分れ、本帳は地味・気候がよく耕地の多い北西部で、別帳は高冷地の山間部である(信達二郡村誌)

出典 平凡社「日本歴史地名大系」日本歴史地名大系について 情報

今日のキーワード

アルツハイマー

[1864~1915]ドイツの精神医学者。クレペリンのもとで研究に従事。1906年、記憶障害に始まって認知機能が急速に低下し、発症から約10年で死亡に至った50代女性患者の症例を報告。クレペリンによっ...

アルツハイマーの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android