坊っちゃん(読み)ボッチャン

デジタル大辞泉 「坊っちゃん」の意味・読み・例文・類語

ぼっちゃん【坊っちゃん】[書名]

夏目漱石小説。明治39年(1906)発表東京から四国松山に赴任した中学教師「坊っちゃん」の、痛快な正義感あふれる行動を軽妙に描く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア 「坊っちゃん」の意味・わかりやすい解説

坊っちゃん【ぼっちゃん】

夏目漱石中編小説。1906年《ホトトギス》に発表。作者の松山時代の体験を基にして,正義派の江戸っ子教師の痛快な活躍ぶりを描いたもので,初期代表作とされる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus 「坊っちゃん」の解説

坊っちゃん ぼっちゃん

夏目漱石(そうせき)の小説「坊つちやん」の主人公
四国松山の中学に赴任した28歳の数学教師。行動的で正義心がつよい江戸っ子で,俗物教師赤シャツらを相手に痛快な活躍をする。明治39年「ホトトギス」に発表されたもので,以来,ひろく愛読されている。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

インボイス

送り状。船荷証券,海上保険証券などとともに重要な船積み書類の一つで,売買契約の条件を履行したことを売主が買主に証明した書類。取引貨物の明細書ならびに計算書で,手形金額,保険価額算定の基礎となり,輸入貨...

インボイスの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android