変遷(読み)へんせん

精選版 日本国語大辞典 「変遷」の意味・読み・例文・類語

へん‐せん【変遷】

〘名〙 時の流れとともにうつりかわること。うつりかわり。推移
※中華若木詩抄(1520頃)中「世上の変迁如此なる者ぞ」
花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉三九「世事の変遷(ヘンセン)し易きや」 〔張栻‐初夏偶書詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「変遷」の意味・読み・例文・類語

へん‐せん【変遷】

[名](スル)時の流れとともに移り変わること。「歌もまた時代につれて変遷する」
[類語]推移変動変転流転変移転変移り変わり変化変ずる化する改まる移る移ろう動く変える化ける転化する変質する一変する一転する様変わりする豹変ひょうへんする急変する激変する変動する移行する推移する歴史変わる来歴由来由緒ゆいしょ縁起沿革道程歴程足跡そくせき歩み年輪いわれ因縁来由成り立ちルーツ始まる因る

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「変遷」の読み・字形・画数・意味

【変遷】へんせん

移りかわる。宋・張〔初夏偶書〕詩 江(かうたん)四、熟の天 頃(けいこく)にして陰、遞(たが)ひに變

字通「変」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android