外交官試験(読み)がいこうかんしけん

世界大百科事典内の外交官試験の言及

【外交官】より

…このような外交官を養成するため,近代になって,各国は競争試験によって適任者を選抜し,一定期間国内・国外で訓練,研修を施すようになった。この近代的な外交官試験は,イギリスでは1853年ともっとも早く,日本でも93年から開始された。ただアメリカでは選挙の功績に対する報酬として外交官のポストを約束する猟官制の伝統が強く,職業的外交官の登用試験が始まったのはかなり遅れて1924年からのことである。…

※「外交官試験」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

激甚災害

地震や風雨などによる著しい災害のうち、被災地域や被災者に助成や財政援助を特に必要とするもの。激甚災害法(1962年成立)に基づいて政令で指定される。全国規模で災害そのものを指定する「激甚災害指定基準に...

激甚災害の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android