多年生(読み)たねんせい(英語表記)perennial

翻訳|perennial

精選版 日本国語大辞典 「多年生」の意味・読み・例文・類語

たねん‐せい【多年生】

〘名〙 草本植物が三年以上にわたって生育すること。また、その植物。毎年秋になると地上部は枯死するが、地下部は生き残って春になると芽を出し、地上部を発育させることを繰り返すもの。一年生二年生越年生)に対していう。〔生物学語彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「多年生」の意味・読み・例文・類語

たねん‐せい【多年生】

草本植物が3年以上にわたって生存すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「多年生」の意味・わかりやすい解説

多年生
たねんせい
perennial

植物で,1つの個体が2年以上にわたって生存する性質。ただし,草本についてのみ用いられ,樹木 (木本) についてはいわない。一年生,二年生に対する植物学上の術語。地上部は枯れても地下に茎や芽の残るものもあり,また匍匐枝により毎年新しい植物体が交代していくものもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android