夜通し(読み)ヨドオシ

デジタル大辞泉 「夜通し」の意味・読み・例文・類語

よ‐どおし〔‐どほし〕【夜通し】

夜の間ずうっとすること。一晩中。副詞的にも用いる。「夜通し語り明かす」
[類語]終夜夜もすがら一夜いちや一夕一夜ひとよ一晩一晩中夜っぴて

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

激甚災害

地震や風雨などによる著しい災害のうち、被災地域や被災者に助成や財政援助を特に必要とするもの。激甚災害法(1962年成立)に基づいて政令で指定される。全国規模で災害そのものを指定する「激甚災害指定基準に...

激甚災害の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android