大岸頼好(読み)おおぎし よりよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plus 「大岸頼好」の解説

大岸頼好 おおぎし-よりよし

1902-1952 昭和時代前期の軍人
明治35年2月18日生まれ。昭和5年西田税(みつぎ)の秘密結社天剣党に参加し,翌年「皇政維新法案大綱」をかく。8年陸軍大尉。二・二六事件に関係したが不起訴。12年右翼団体あけぼの社を設立,のち皇道翼賛青年連盟委員となる。昭和27年12月23日死去。50歳。高知県出身。陸軍士官学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

脂質異常症治療薬

血液中の脂質(トリグリセリド、コレステロールなど)濃度が基準値の範囲内にない状態(脂質異常症)に対し用いられる薬剤。スタチン(HMG-CoA還元酵素阻害薬)、PCSK9阻害薬、MTP阻害薬、レジン(陰...

脂質異常症治療薬の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android