孤島(読み)ことう

精選版 日本国語大辞典 「孤島」の意味・読み・例文・類語

こ‐とう ‥タウ【孤島】

〘名〙 陸や他の島から遠く離れて、海上にただ一つある島。離れ島
平家(13C前)五「孤島の幽祠に詣で、瑞籬(ずいり)の下に明恩を仰ぎ」 〔王維‐送秘書晁監還日本国詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「孤島」の意味・読み・例文・類語

こ‐とう〔‐タウ〕【孤島】

陸地や他の島から一つだけ遠く離れている島。「絶海孤島
[類語]離島離れ島島嶼とうしょ諸島群島列島アイランド全島島影無人島浮き島島島

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「孤島」の読み・字形・画数・意味

【孤島】ことう

離れ島。

字通「孤」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android