安東菊子(読み)あんどう きくこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus 「安東菊子」の解説

安東菊子 あんどう-きくこ

1827-1914 江戸後期-明治時代の歌人
文政10年5月21日生まれ。安東貞美(ていび)の母。弘化(こうか)3年安東辰武の後妻となる。維新後,京都で高畠式部,大田垣蓮月らと交遊。明治8年上京し松波資之(すけゆき),鈴木重嶺(しげね)にまなび,大口鯛二(たいじ),三輪田真佐子親交をむすんだ。大正3年8月27日死去。88歳。信濃(しなの)(長野県)出身。本姓は島地。本姓は島地。歌集に「山路の菊」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android