定型(読み)テイケイ

デジタル大辞泉 「定型」の意味・読み・例文・類語

てい‐けい【定型】

一定のかた。決まったかた。「定型にとらわれない詩」
[類語]定式じょうしき形式定法じょうほう定例じょうれい定例ていれい通例常道作法定石体裁フォーム年式かた様式型式かたしき書式フォーマットスタイルモデルパターンタイプ類型ひな形方式手本見本サンプルスタンダードプロトタイプ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア 「定型」の意味・わかりやすい解説

定型【ていけい】

5句31音の短歌,3句17音の俳句漢詩絶句などのように,一定の句数音数で構成される詩歌の形式をいう。短歌や俳句のほか,長歌旋頭歌(せどうか),今様連歌などもそれぞれの形式,約束をもち,自由詩に対して定型詩と呼ばれる。変化流動性には乏しいが,定型には洗練された形式の美しさがあり,入りやすく親しみやすい。→自由律

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android