室生赤目青山国定公園(読み)ムロウアカメアオヤマコクテイコウエン

デジタル大辞泉 「室生赤目青山国定公園」の意味・読み・例文・類語

むろうあかめあおやま‐こくていこうえん〔むろふあかめあをやまコクテイコウヱン〕【室生赤目青山国定公園】

奈良県三重県にまたがる国定公園。室生火山群・高見山地青山高原などを含む地域。室生火山群中央部の滝川渓谷にある赤目四十八滝や名張川支流の青蓮寺しょうれんじ川の香落渓かおちだになどの景勝地室生寺をはじめとする歴史的文化財に恵まれた地域。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「室生赤目青山国定公園」の意味・読み・例文・類語

むろうあかめあおやま‐こくていこうえんむろふあかめあをやまコクテイコウヱン【室生赤目青山国定公園】

  1. 三重・奈良両県にまたがる国定公園。青山高原・室生火山群・高見山地などを含む。カモシカ・クマ・シカ・オオサンショウウオなどが生息。昭和四五年(一九七〇指定

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) 「室生赤目青山国定公園」の意味・わかりやすい解説

室生赤目青山国定公園
むろうあかめあおやまこくていこうえん

奈良県と三重県にまたがる国定公園で、室生火山群、高見山地、青山高原などを含む。1970年(昭和45)の指定。面積263.08平方キロメートル。室生火山群は東西約25キロメートル、南北約15キロメートル、東から大洞(おおほら)山、尼(あま)ヶ岳、県境にそびえる火山群最高峰の倶留尊(くろそ)山、貝ヶ平(かいがひら)山などが連なる。地質的には新第三紀に噴火した際、多量の火山灰が噴出堆積(たいせき)し、それ自身の熱によって溶結した斜長流紋岩質溶結凝灰岩(室生火山岩)からなる。柱状節理など火山地特有の地形を示し、倶留尊山の西側には国指定天然記念物の「屏風(びょうぶ)岩、兜(かぶと)岳および鎧(よろい)岳」がある。火山群の中央部には青蓮寺(しょうれんじ)川の渓谷香落渓(こおちだに)・奥香落渓、滝川にかかる赤目四十八滝などの景勝地があり、北西側には磨崖仏(まがいぶつ)で知られる大野寺や、女人高野(こうや)の室生寺がある。布引(ぬのびき)山地の一部青山高原は準平原で、アセビイヌツゲツツジなどの低木が多い。高見山には冬の霧氷で有名なブナ原生林がある。

[菊地一郎]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア 「室生赤目青山国定公園」の意味・わかりやすい解説

室生赤目青山国定公園【むろうあかめあおやまこくていこうえん】

奈良・三重両県にまたがる室生火山群,高見山地,青山高原の3地域を含む国定公園。面積263.08km2。1970年指定。室生火山群は柱状節理の発達した岩峰と香落渓(こおちだに),赤目四十八滝などの渓谷が美しく,南部の高見山一帯にはブナなどの原生林がみられる。また周辺には室生寺北畠神社など有名な社寺がある。北部の青山高原は隆起準平原で,ハイキングの適地。
→関連項目飯高[町]松阪[市]三重[県]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「室生赤目青山国定公園」の意味・わかりやすい解説

室生赤目青山国定公園
むろうあかめあおやまこくていこうえん

三重県と奈良県にまたがる室生火山群,高見山地青山高原を中心とする国定公園。面積 263.08km2。 1970年指定。室生火山群には大洞 (おおぼら) 山,倶留尊 (くろそ) 山,鎧岳,香落渓 (こおちだに) ,赤目四十八滝などがあり,高見山一帯はブナ,ツガ,サワラなどの原生林が残されている。室生寺,新大仏寺,北畠神社など歴史的文化財に恵まれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典(旧版)内の室生赤目青山国定公園の言及

【青山高原】より

…標高650~845m。室生赤目青山国定公園の一部をなす。北端には津と伊賀上野を結ぶ長野峠があり,中央に笠取山,南端に伊勢と伊賀を結ぶ旧初瀬街道の青山峠がある。…

※「室生赤目青山国定公園」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android