宮地水渓(読み)みやじ すいけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plus 「宮地水渓」の解説

宮地水渓 みやじ-すいけい

1768-1841 江戸時代後期の儒者,国学者。
明和5年生まれ。宮地静軒の孫。土佐高知藩士。谷真潮(ましお)にまなび,博識を称された。江戸で塙保己一(はなわ-ほきいち)にもまなぶ。山奉行をつとめたが,文政ころに罪をえて一時禄(ろく)をうしなった。藩政史「御当家年表」の著がある。天保(てんぽう)12年3月13日死去。74歳。名は仲枝(なかえ)。通称は荘蔵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android