容量(読み)ヨウリョウ

デジタル大辞泉 「容量」の意味・読み・例文・類語

よう‐りょう〔‐リヤウ〕【容量】

器物の中に入れることのできる分量容積
一定条件のもと物体が含みうる物理量熱容量静電容量など。
[類語]容積体積質量かずすう数量分量物量かさボリューム数値

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「容量」の意味・読み・例文・類語

よう‐りょう‥リャウ【容量】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 器物の中に入れることのできる分量。容積。
    1. [初出の実例]「第二に容量(ヨウリャウ)(〈注〉カタチ)小サクして高き直打を具ふる者なり」(出典:開化問答(1874‐75)〈小川為治〉二)
  3. ある物体が一定条件のもとで含み得る物理量。熱容量・静電容量など。
    1. [初出の実例]「水は凍氷の際容量の百分の七増殖するを以て、氷の益々張り詰むるや、遂に亀裂を生ず」(出典:日本風景論(1894)〈志賀重昂〉三)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

パソコンで困ったときに開く本 「容量」の解説

容量

データを入れられる量のことです。1TBハードディスクの場合、「1テラバイト」がその容量です。そのうちいくらかを使ってデータを保存済みの場合、残った量を「空き容量」といいます。DVD-RCD-Rなどのディスク、メモリーカードなどの場合は、何枚あっても1枚当たりの容量が重要ですが、メインメモリー(RAM)では合計が重要です。
⇨RAM、TB、パーティションメモリー

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

百科事典マイペディア 「容量」の意味・わかりやすい解説

容量【ようりょう】

(1)容器の容積。(2)電池をある条件下で放電してとり出せる電気エネルギーまたは電気量アンペア時またはワット時で表す。(3)静電容量熱容量の略。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「容量」の意味・わかりやすい解説

容量
ようりょう
contents; capacity

本来は容器が取入れることのできる分量の最大値をいう。これを拡張して,熱の場合の熱容量電気の場合の電気容量 (単に容量ということも多い) という用い方もする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典 「容量」の解説

容量

 受け入れられる能力,または容器の体積.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android