寒行任(読み)かんぎょうまかしょ

精選版 日本国語大辞典 「寒行任」の意味・読み・例文・類語

かんぎょう‐まかしょ カンギャウ‥【寒行任】

〘名〙 江戸時代寒行や寒参りの代行をすると称して金品を乞うた物もらい。寒中行衣を着、頭を白布でかつら巻きにし、細かい絵紙をまきながら「まかしょまかしょ(任かせ)」と叫んで歩いた。まかしょ。
※歌舞伎・四天王櫓礎(1810)序幕「寒行(カンギャウ)まかしょも無用の札が出てからは思はしくもないゆゑに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android