寝殿造

山川 日本史小辞典 改訂新版 「寝殿造」の解説

寝殿造
しんでんづくり

平安時代の貴族住宅の形式。寝殿を中心に,その南庭をとり囲むように対(たい)・渡殿(わたどの)・中門廊がコの字形に建てられる。敷地の四周には築地(ついじ)の塀がめぐり,東・西・北の三方に門を開く。コの字形殿舎群は敷地の中央におかれ,中門・中門廊から出入りする。中心のコの字形殿舎群が主人および家族の居所儀式の会場になるのに対して,外側塀との間には車宿(くるまやどり)・侍廊(さぶらいろう)などの雑舎(ぞうしゃ)が建てられる。寝殿造は日本で完成された最初の都市住宅という側面ももっていたから,塀をめぐらした都市住宅の形式,中門廊を利用した出入口の形式などの伝統は,公家武家を問わず広く継承された。

出典 山川出版社「山川 日本史小辞典 改訂新版」山川 日本史小辞典 改訂新版について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android